日々のおたより__
10月14日(木)
<命を考える>
本日の3限は、各学年とも道徳でした。1年生は「命を考える」、2年生は「SNSとの付き合い方」、3年生は「卒業文集の最後の二行」についての内容でした。写真は1年生の道徳授業の様子です。授業の題材は「命を考える」でした。「命あるものは、なぜ殺してはいけないのか」の問いかけに対して、グループで意見交換、発表を行いました。「命は唯一のもの」「生きるために必要ではないものは殺してはいけない」などの意見が出ました。最後に「人間は生きていくために多くの動植物の命をいただいていること」「命の大切さを考えながら生きていくことが大切」等を確認しました。

<礼に始まり、礼に終わる 完>
本日の「空手」授業は、最終日を迎えました。基本の形のテストを行いました。テストは、3~4人のグループをつくり、代表の生徒が掛け声をかけながら演技しました。技の緩急や強弱、流れの美しさを評価されますが、どのグループも自分なりのパフォーマンスができたと思います。

<金星はどこ>
本日の放課後、牧中の前々校長先生(現在は理科教育センター所員)が、来校されました。これから3年生の理科が「天体」の単元に入ることから、当校の理科担当職員が望遠鏡の操作の手ほどきをお願いしたところ、快くお引き受けいただき今日に至りました。「金星」を見たかったのですが、空は雲に覆われ残念ながら見ることはできませんでした。

2021年10月14日